[値下げ] iVinci

Bookmark and Share Check  

スクリーンショット

アプリケーションの説明

原文を表示
限られた時間の 50 % オフ !

iVinci はベクター デザイン業界で新しい出発点。
それは信じられないほど簡単に、そして信じられないほど高速で、初心者や専門家のためです。
は、当社 web サイト上の素晴らしいビデオを見ることができます。


注目すべき機能:

使用ネイティブ ファイル形式として SVG。使用することができます直接の iVinci によって作成されたファイルが他のアプリ。
強力なベジエ パス編集システム。
驚くべき 3 D 視点。任意視点因子と任意のポイントからの眺め。
グラデーション メッシュ。容易に複雑なまたは現実的なグラデーションを作成します。iVinci は、App の店でこの機能をサポートする唯一の描画アプリケーションです。
ライブ トレース。ビットマップ イメージをインポートし、ベクトルに変換します。これはまた他の図面のアプリから別のユニークな機能を iVinci です。
簡単にスタイルのコント ローラーを使用します。
- マップを表示するように、文書を移動します。(ズーム、移動するマウスの右ボタンをドラッグするマウス ホイール)
完全に網膜ディスプレイ サポート。
OpenGL ハードウェア レンダリングをサポート, 信じられないほど速い。

その他の機能:

パス ブール演算。
● ブレンド形です。
ペンと鉛筆ツール。
-基本的な図形です。
-テキスト。テキストをパスに変換します。
グラデーション ストロークおよび塗りつぶしのため。
Dashs と矢印。
グリッド、グリッドにスナップします。
シャドウ効果。
イメージのパスを入力します。
-2 つのオープン パスを結合します。複合パスを

作る。
概要ストロー。
作るミラー オブジェクト。
レイヤーのコントロールと、複数のレイヤーを選択することは。
オブジェクトのシーケンス制御。
配置。
-グループ\/ロック。
-パス\/テキストをパスに合わせます。
- PNG または JPG にエクスポートします。
.
および大いに多く !

の重要なヒント:

使用マウス ホイールまたはトラック パッドにズームするピンチ\/アウト。
右マウス ドラッグまたは別名のキャンバスを移動するトラック パッドに 2 本の指でスライドします。手のツールです。
ダブルからに切り替えるオブジェクト引き出しオブジェクト セレクター] をクリックします。
ダブル ポイント セレクターとオブジェクトセレクターを切り替える任意のオブジェクトをクリックします。
プレス アンド ホールドの\"alt\"キー接線ポイントを個別に移動します。場合はカーブ ポイントで滑らかではない、\"alt\"キーを押す必要はありません。
プレス アンド ホールド「シフト」または「コマンド」キー オブジェクト セレクターで複数のオブジェクトを選択します。
プレス アンド ホールド「シフト」または「コマンド」キーをポイント セレクターで複数のポイントを選択します。
プレス アンド ホールド「シフト」または「コマンド」のキーを複数のレイヤーを選択します。
-ポイント選択ツールでオブジェクトを選択、パスに新しいコントロール ポイントを追加するには右ボタンを新しいポイント、選択「ポイントを追加」メニュー項目を配置する位置をクリックします。
-滑らかなまたは任意のコントロール ポイントで鋭いパス選択ポイントのセレクターをポイントし、オプションを表示する右ボタンをクリックします。
-をつけることに 1 つの cuver 直線、接線ポイントを削除するだけです。
-オブジェクト セレクターでグラデーションを選択オブジェクトを変更するグラデーション ストロークまたは塗り (それが既に選択されている場合でも) の種類をクリックしてまたは右ボタン オブジェクトをクリックし、対応するメニュー項目を使用します。
-グラデーションを編集している間両方のグラデーション ラインの位置とグラデーションの色の位置は可動式。
-グラデーションの色を変更するには、グラデーションの最初の色を選択し、カラーパネルでカラーを選択します。選択したオブジェクトを移動する

使用の矢印キー。
-ライブ トレースを行う最初のイメージをインポートし、イメージを選択を今する「ライブ トレース」メニューからアクセスできます、\"変更\"。
アンド ドロップ イメージにファイル iVinci ウィンドウ、イメージ、iVinci ウィンドウを開くにドロップの SVG ファイルをインポートします。
50% off for a limited time!

iVinci is a new starting point in vector design industry.
It's just incredibly easy, and incredibly fast, for both beginners and experts.
You can watch the amazing videos on our web site.



Notable features:
-Use SVG as native file format. You can use files created by iVinci directly in may other Apps.
-Powerful Bezier path edit system.
-Amazing 3D perspective. View from any point with any perspective factor.
-Gradient Mesh. Create complex or realistic gradient in ease. iVinci is the only drawing app to support this feature in App Store.
-Live Trace. Import bitmap images and convert it to vector. This is also the unique feature make iVinci different from other drawing apps.
-Easy to use style controller.
-Navigate the document like viewing a map. (Mouse wheel to zoom, Right Mouse button drag to move)
-Completely Retina display support.
-OpenGL hardware rendering support, incredibly fast.

Other features:
-Path boolean operation.
-Shape blending.
-Pen and Pencil tool.
-Basic shapes.
-Text. Convert text to path.
-Gradient for both stroke and fill.
-Dashs and arrows.
-Grid, snap to grid.
-Shadow effect.
-Image filling in paths.
-Join 2 open paths.
-Make compound paths.
-Outline stroker.
-Make mirror objects.
-Layers control, and you are allowed to select multiple layers.
-Object sequence control.
-Alignment.
-Group/Lock.
-Paths/Text align on path.
-Export to PNG or JPG.
...
And much more!

Important Tips:
-Use mouse wheel or Pinch on trackpad to zoom in/out.

-Right mouse drag or slide with two fingers on trackpad to move the canvas, aka. Hand Tool.

-Double Click to switch from object drawer to object selector.
-Double Click on any object to switch between object selector and point selector.
-Press and hold "alt" key to move the tangent point individually. If the curve is not smooth at the point, you do not have to press "alt" key.
-Press and hold "shift" or "command" key to select multiple objects with object selector.
-Press and hold "shift" or "command" key to select multiple points with point selector.
-Press and hold "shift" or "command" key to select multiple layers.
-To add new control point on the path, select object with point selector, right button click on the position you want to place the new point, select "Add Point" menu item.
-To make the path smooth or sharp at any control point, select point with point selector, and then right button click to see options.
-To make one cuver be straight line, simply remove the tangent point.
-To modify gradient, select object with object selector, click gradient type for stroke or fill(even if it is already selected), or right button click on the object and use corresponding menu items.
-While editing gradient, both the position of gradient line and position of gradient color is movable.
-To change gradient color, select any color item in gradient first, then select color in the color panel.
-Use arrow keys to move the selected objects.
-To do Live Trace, import an image first then select the image, now you can access the "Live Trace" from the "Modify" menu.
-Drop image files to iVinci window to import images, Drop SVG files to iVinci window to open it.

Phyar Studioの他のアプリ

価格:450円500円 

価格:1,700円2,000円 

価格:2,200円2,500円 

価格:450円500円 

価格:無料 

twitterのつぶやき

該当するつぶやきは見つかりませんでした。
ジャンル: グラフィック&デザイン サイズ: 6.2 MB
販売業者: Phyar Studio リリース: 2012/11/15
バージョン: 4.5 対応言語:

iVinci

価格:3,450円2,000円

AVCHD Converter

価格:1,700円1,400円

Learn Danish Vocabulary - Gengo WordPower

価格:720円1,200円

The History Of Mankind - Prehistory

価格:700円800円

GreenChess

価格:無料

App Screenshot Studio

価格:1,200円

Any Music To ( CD , Mp3, WMA )

価格:500円

DC for Final Cut

価格:2,600円1,000円

LinkLines

価格:450円500円