Bookmark and Share Check  

スクリーンショット

アプリケーションの説明

原文を表示
HashCheck (SHA-1\/SHA1、MD5 および MD4) ハッシュ コードを計算します。それはダウンロードしたファイルを調べ、変更とファイルの類似性を比較に使用することができます。
P2P やトレントのファイルとその元と整合性の確認をダウンロードしている?ハッシュ値は、移動する方法です。Web からファイルをダウンロードを開始するとすぐ

OSx がセキュリティ保護されていないになることが、このアプリでは md5 ハッシュと他の人が同じダウンロードのソースによって提供され、あなたに達する前に他の人によって破損しているではなかったかを生成することができます。
を達成するより高いレベルのセキュリティ。
ハッシュ関数は、任意のアルゴリズムまたは可変長の大量のデータが固定長の小さなデータ セットをマップするサブルーチンです。たとえば、可変長を持つ人の名前を 1 つの整数にハッシュ可能性があります。ハッシュ関数によって返される値は、ハッシュ値、ハッシュ コード、ハッシュ合計、チェックサムまたは単にハッシュと呼ばれます。
ハッシュ関数は、テーブルの参照またはデータの比較を重複または類似のレコード DNA 配列の似たようなストレッチを見つけることを大規模なファイルの検出、データベース内のアイテムの検索などタスクを加速するためは使用主に。
ハッシュ関数参照透明な (安定) がすなわち、「平等」(同一の文字シーケンスの構成文字列など) が入力 2 回と呼ばれる場合する必要がありますそれは同じ結果を与える必要があります。これは対照的平等とハッシュ関数オブジェクトをオーバーライドできるように多くのプログラミング言語でです: 2 つのオブジェクトが等しい場合は、そのハッシュ コードは、同じする必要があります。同じ要素の 2 つの両方を同じスロットにハッシュするための要素のハッシュ テーブルで迅速に検索することが重要です。
データの大きなセットをデータの小さなセットにマップするすべてのハッシュ関数の競合が発生します。このようなハッシュ関数衝突がハッシュ テーブルいっぱいになるとより頻繁になるので、キーのハッシュ値をできるだけ均等にマップしようとしました。したがって、1 桁のハッシュ値は、テーブルのサイズの 80% に頻繁に制限されます。使用されたアルゴリズムに応じてその他のプロパティだけでなく、二重ハッシュと線形などが必要になる可能性があります。1950 年代に考案されたが、良いハッシュ関数の設計はまだ研究のトピックです。[1]
ハッシュ関数に関連する (そして多くの場合と混同) チェックサム、チェック桁、指紋、ランダム化機能、誤り訂正符号と暗号ハッシュ関数。これらの概念はある程度オーバー ラップが、それぞれ独自の使用と要件があります設計し、異なる最適化します。アメリカ国家麻薬情報センターでは、管理されている HashKeeper データベースは、例えば、ハッシュ値のよりもファイルのフィンガー プリントのカタログとしてより適切に説明です。
、MD5 メッセージ ダイジェスト アルゴリズムは、128 ビット (16 バイト) のハッシュ値を生成、広く使用されている暗号ハッシュ関数です。RFC 1321 で指定された、MD5 は、さまざまなセキュリティ アプリケーションで利用されているし、データの整合性チェックにもよく使用されます。MD5 リベストが 1991 年に、以前のハッシュ関数 MD4 を置き換えるために設計されました。MD5 ハッシュは、通常 32 桁、16 進数として表現されます。
1996 年に、欠陥 MD5 のデザインが発見され、明らかに致命的な弱点でしたが、暗号研究者の sha-1 などの他のアルゴリズムの使用を推薦しました。
HashCheck calculate Hashcode (SHA-1/SHA1, MD5 and MD4). It can be used to examine downloaded files, compare the changes and similarity of files.
Have you downloaded a P2P or torrent file and wants to be sure of its origin and integrity? Hash values are the way to go.
OSx can become unsecure as soon as you start downloading files from the web, with this app you can generate md5 hash and others to check if it is the same provided by the source of download and it wasn't corrupted by another person before reaching you.
Achieve a higher level of security.
A hash function is any algorithm or subroutine that maps large data sets of variable length to smaller data sets of a fixed length. For example, a person's name, having a variable length, could be hashed to a single integer. The values returned by a hash function are called hash values, hash codes, hash sums, checksums or simply hashes.
Hash functions are mostly used to accelerate table lookup or data comparison tasks such as finding items in a database, detecting duplicated or similar records in a large file, finding similar stretches in DNA sequences, and so on.
A hash function should be referentially transparent (stable), i.e., if called twice on input that is "equal" (for example, strings that consist of the same sequence of characters), it should give the same result. This is a contrast in many programming languages that allow the user to override equality and hash functions for an object: if two objects are equal, their hash codes must be the same. This is crucial to finding an element in a hash table quickly, because two of the same element would both hash to the same slot.
All hash functions that map a larger set of data to a smaller set of data cause collisions. Such hash functions try to map the keys to the hash values as evenly as possible because collisions become more frequent as hash tables fill up. Thus, single-digit hash values are frequently restricted to 80% of the size of the table. Depending on the algorithm used, other properties may be required as well, such as double hashing and linear probing. Although the idea was conceived in the 1950s, the design of good hash functions is still a topic of active research.[1]
Hash functions are related to (and often confused with) checksums, check digits, fingerprints, randomization functions, error correcting codes, and cryptographic hash functions. Although these concepts overlap to some extent, each has its own uses and requirements and is designed and optimized differently. The HashKeeper database maintained by the American National Drug Intelligence Center, for instance, is more aptly described as a catalog of file fingerprints than of hash values.
The MD5 Message-Digest Algorithm is a widely used cryptographic hash function that produces a 128-bit (16-byte) hash value. Specified in RFC 1321, MD5 has been utilized in a wide variety of security applications, and is also commonly used to check data integrity. MD5 was designed by Ron Rivest in 1991 to replace an earlier hash function, MD4. An MD5 hash is typically expressed as a hexadecimal number, 32 digits long.
In 1996, a flaw was found with the design of MD5, and while it was not a clearly fatal weakness, cryptographers began recommending the use of other algorithms, such as SHA-1

Amatoの他のアプリ

価格:170円400円 

価格:450円600円 

価格:85円200円 

価格:85円200円 

価格:400円480円 

twitterのつぶやき

該当するつぶやきは見つかりませんでした。
ジャンル: 開発ツール サイズ: 3.1 MB
販売業者: Amato リリース: 2013/03/02
バージョン: 1.0 対応言語: ベンガル語, 英語, フランス語, ドイツ語, ヘブライ語, イタリア語, 日本語
Webサイト:

HashCheck

価格:100円200円

Cook, Serve, Delicious!

価格:800円900円

DaVinci Resolve Lite

価格:無料

iBridgeCards

価格:450円500円

Number Converter

価格:85円100円

MIDI Time Code

価格:450円

Trade Nations

価格:無料

Font Adjuster

価格:850円1,000円

PassLocker - Password Manager Simple & Safe

価格:450円1,300円